ドイガキ19

劇団で札幌を盛り上げて

四畳半

かつて、青砥という土地の風呂なしトイレ玄関共同の四畳半の家にすんでいました。

 

勿論鍵はドラクエ🗝

入り口の木の扉窓の木の扉は家が曲がっているのか知らないが下に向かうにつれてずれていて部屋の中が見えている。

当然G先輩も大量に

屋根裏部屋にはネズミの運動会

 

よくこんなところ住んでいたな…今なら無理

 

夏はサウナ 冬は外より寒いという 修行にはもってこいの物件でございます。

 

どのくらい暑いかというと 畳が汗で私の人型で凹むくらい  殺人現場みたいです。

 

そして朝方外を仰向けのまま観ると、隣の家のアンテナにカラスが…毎日俺が死ぬのを待っていたんだと思う。

たまにエアガンで撃退しました。