ドイガキ19

劇団で札幌を盛り上げて

パチスロ依存者

私は18からパチンコを始めてはや20年ちょいか

パチンコはハマらなかったが、連れていかれたパチスロのゲーム性などにはまってしまった。

1日で20万かてればぎゃくもある。

そんなことに興奮を覚えて、破滅への道を知らずに進んでいった。

そんなことも気づかず楽しんでいた。

いつのまにか借金をしていた。 あと少しあと少しが積もって返済も滞らず。

勝つためにやるのは性格上無理なことで、そもそもやめる選択肢がなかった。

これ限りなく末期。

 

初めてやめられたのは確か 10万勝ちの翌日ストレートで10万負けた時だったかな。

心の何処かでさめて、以降いってなかった。

しかし311茨城に仕事でいた際、地震の影響二次災害などで、ストレスが溜まったのか、数年ぶりに手を出してしまう。

リバウンドである。以降借金まではしてないが札幌に戻る。

給料はスロットにという生活である。

その後も一年やめたんだが、三年前祖母が亡くなったさい、パチ好きな祖母の供養と称して手を出す。そして、数日前に至る。

 

一気に八万負けた日以降今日まで15日いってない。 最初の時と同じ気持ちを感じる。

それと今回何故か考え方がかわったのは、

店を敵と思わないこと、これが何か私の心持ちを変化させるキッカケになったかも。

ふと頭に降りてきた。

台が悪い 店員の笑顔がムカつく、クソ出ない。

ガラガラ、など、敵意むき出しの時は必ずまた打ちに行く。

でも、この前から、原因は自分のことだろうと思ったら、意外と熱がさめてしまった。

 

店員さんだって、生活のためにコイン流したり逆に睨まれたり頑張ってる。店も店長も売り上げだしながら、客をひきとめながら、従業員のためにも頑張っている。それだけなんだ。

不正やらそんなの俺にとってはどうでもいいことだよ…台も機械なんだから、思い通りにいかないよ。

そんな感情になると俺はここにいる人じゃないなって思ってきて、批判も何も無い。

ライターハライターでその人なんだ。動画の人もその人なんだ。

 

ただ一つ言えるのは、薬物と同じで、完治はないと思う。1日1日 今日はやらなかったの繰り返しで、生きていくしかない。

勿論あの興奮を思い出すと、リバウンドしないとは言い切れないので。