40からの

好きなこと書くわ

19歳は夢があった

見るもの聞くもの全てが 新鮮。 

俺は最先端の男だなんて思っていた

 

んなこたあないんだけど、調子こいてた。 俺はバイトしに来たんじゃない。

喫茶店のバイトも半日で逃亡。あり得ない男でした。

ただの世間知らずのガキなのだ

甘えんぼのガキなのだ。

 

劇団   

未知の世界  

そこに転がり込んだ。

そして 何故かパチスロを覚える。

 

面白い日常がはじまる